- 知識 -

ベゼルワイヤーを使おう!

ベゼルワイヤーを使おう!

こんにちは、鴻桐葦岐(コウドウヨシキ)といいます。
主に宝石とレジンについての記事を過去に書かせて頂きました。

今回はレジンよりもーっと手軽に、宝石を身に着ける方法をご紹介します。

「ベゼルワイヤーを使おう!」

ベゼルワイヤーというのは、立て爪の付いている幅のあるワイヤーです。
それでルースの周りを囲い、留め、立て爪を倒してルースをアクセサリーに仕立てる、という物です。

では実際に作っていく過程を撮った写真をお見せしましょう。

必要な道具です。
丸ヤットコ、ニッパー、平ヤットコ、ベゼルワイヤー、同色のワイヤー、そして宝石。
今回は先日カケラさんで購入した平べったいラピスラズリを使います。

ちなみに今回はペンダントにするので1メートルの革紐も用意しました。
この辺はお好みでチェーンだったりピアスパーツだったりカニカンだったり、必要な物を用意してください。

ベゼルワイヤーを宝石の周囲に合わせて必要な長さを切り出します。
気になる方は切った先端の角をやすりでやすると鋭さが無くなって一層安心安全です。
同色のワイヤーも必要な長さ切り出します。長く見積もって10センチもあれば足りるでしょう。

宝石の周囲に沿わせて形を作り、ワイヤーで留めます。
ワイヤーを折ってより合わせ、丸ヤットコを利用しカンを作り余分なワイヤーをカット。
ワイヤーの端を折り込み刺さったり引っ掛かったりしない様にします。

宝石をはめ込みます。そして爪を平ヤットコで倒していきます。
石に傷を付けない様に気を付けて!
ベゼルワイヤーが案外硬いので結構力が要ります。

カンに紐を通し、結んで完成です。
今回は長さが調節出来る結び方をしています。
(結び方について説明すると長くなるので割愛。検索すると出て来ますよ。)

ちなみにベゼルワイヤーはネットショップで購入しました。
注)厚みのあるルースには向きません。
お手持ちのルースに丁度良い物がありましたら、是非挑戦してみてください。

この記事を書いたヒト : 鴻桐葦岐
プロフィール : レジンをメインにハンドメイド作品を売っていたりいなかったりする。

ABOUT ME
デザインアトリエ カケラ代表 /keisuke
デザインアトリエ カケラ代表 /keisuke
キャンプファイヤーのサイトにてコミュニティをやっています! 毎月1000円で欠けた宝石をみんなの元へ届け再利用の形をひろげる活動です。欠けた宝石に新たな居場所を。