- コラム -

太陽光で気軽に撮影してみよう!

みなさん、石沼ってますか?

私は石沼ってます。

さて、そんな石沼にはまっていると、大体出てくるのが

・太陽光で撮影したい
・ルースケースから出して撮影してみたい
・でも、取り扱いが怖い
・普段はケースだから、透明なパッケージに入れるのは少し……

みたいな撮影に関するお悩みだと思います。

私も、撮影中に何個か数ミリの石を部屋の中に
無期限の散歩をさせてしまい……うっ(涙

今回は、そんな悩みを解決してくれるかもしれない手段のご紹介。

まずは使う物を、どん。

100均にあるような、耐震マット(ジェル)です。
大きさはお好みで良いと思います。
もう1つは、何か適当な板状の物。
今回はプラ板を使いましたが、手鏡を使うと、
また別の綺麗さがあると思います。

必要な分を切り取り……

貼り付けたうえで、撮影したい宝石を乗せます。

この時、撮影したい角度に適当に調整してください。

何もないと、どこかに飛んでってしまいそうですが、
耐震マット(ジェル)は粘着性があります。

ちょうど、ペタッと宝石をキープしてくれるわけですね。
これなら、宝石をそのままの姿で撮影できます。

後は、好きな場所に乗せたり、片手で持ったりして
デジカメ、スマホで思うままに太陽光を浴びせて撮影しましょう。

撮影結果を、どん。

ペタライトさんとブルージルコンさんです。

ケースに戻す時とかは、力を入れすぎないように注意してください。

また、小さい宝石は、いっそのこと指でつまんだ方がいいと思います。

元々のフィルムを張り付ければ、保管もできます。

耐震マットが汚れてきたら、水洗いできるのが
ほとんどなので再利用が可能です。

それでは、良き石沼ライフを!

[この記事を書いたヒト] ユーリアル
プロフィール: デザインアトリエ カケラのメンバーです。

ABOUT ME
デザインアトリエ カケラ代表 /keisuke
デザインアトリエ カケラ代表 /keisuke
キャンプファイヤーのサイトにてコミュニティをやっています! 毎月1000円で欠けた宝石をみんなの元へ届け再利用の形をひろげる活動です。欠けた宝石に新たな居場所を。