- 知識 -

冠婚葬祭のときに選ぶべき宝石

結婚式にどんなジュエリーをつけていこう?
お悔やみごとの時にジュエリーなんてつけていいの?



今回は大人の女性なら知っておくべき、冠婚葬祭の時につけても良い宝石をご紹介していきます

パールネックレスは間違いなし

ジュエリーアイテムはあんま持っていないけど、パールだけは持っている
そんな方も多いのでは?
白色で華やかなイメージを持つパールですが、結婚式やお祝い事にはぴったりの宝石です。皇室や王室の方も身につけられるジュエリーとして、日本だけではなく世界的に見ても間違いないジュエリーだと思います

パール以外はダメなの?

結婚式やお祝い事に関していえばパール以外でも全然オッケーです。
ただ、目立ちすぎるようなアイテムはやめましょう。
宝石自体が大きすぎたりすると主役よりめだってしまう時があります
そこだけは注意が必要です。

お悔やみごとに関していうとパール以外のジュエリーはNGです
パールに関しては、パールをしている人は「涙、悲しみを添える」という意味合いがありますのでOKです。
しかしパールの指輪の横にダイヤモンドがつきすぎているジュエリーはNG
10mmを超える大きさのパールも少し大きすぎるためあまり好ましくはありません。

お悔やみごとの時のパールで一番適しているアイテム

それはこの黒パール。
最近はつけている人は見かけることがおおくなってきましたが、お悔やみごとに一番適していると言われるのはこの黒パールです。
白ほど目立つわけではなく、バランスが良いので一番良いでしょう。
案外知らない人が多いのですが、マナーとしては完璧です。
この他にも、グレーの色のパールもOKです。
白でも大丈夫なのですが、欲を言えば黒かグレーがベストでしょう。

最後に

冠婚葬祭の時は何かと気を使うもの。
いろいろな人と会う機会だからこそ、しっかりとしたマナーで
シチュエーションに合わせて選んでください

ABOUT ME
デザインアトリエ カケラ代表 /keisuke
デザインアトリエ カケラ代表 /keisuke
キャンプファイヤーのサイトにてコミュニティをやっています! 毎月1000円で欠けた宝石をみんなの元へ届け再利用の形をひろげる活動です。欠けた宝石に新たな居場所を。