- コラム -

宝石×バレエ こぼれ話

各地で梅雨入りですね。

さて、「宝石×バレエ」「宝石とバレエ2」と2記事にわたって、『眠れる森の美女』と『Jewels(ジュエルズ)』をご紹介しましたが、そこにおさまらなかったこぼれ話をお届けします。

◆『Jewels(ジュエルズ)』の前身?!

『水晶宮(Le Palais de Cristal)』という、こちらもバランシン振付の作品があります。
https://youtu.be/nt5HuGHs7OQ
こちらはパリ・オペラ座のための作品で初演もパリ。
『Jewels』より前(1947年)に作られています。
そして、初演時、各楽章には「ルビー、黒ダイヤモンド、エメラルド、真珠」というタイトルがつけられていたそうです。
今は『シンフォニー・イン・C』と改題され衣装も新たに上演されていますが、東京バレエ団は今も『水晶宮』としてレパートリーにラインナップされています。
(東京バレエ団はルビー、サファイヤ、エメラルド、ダイヤモンド。世界4大宝石!!)

◆他にも宝石が登場!

『海と真珠』という演目もあります。
男性1人と女性2人の3人で演じられるます。男性が海、女性が、真珠です。
真珠の母貝、2枚貝をあらわす振付でとってもかわいらしい踊りです。
発表会などで、ジュニアダンサーが踊ることも。

◆こんなバレエにも宝石!

さ・ら・に!
バレエ『アラジン』にも宝石が登場します!

ちょうど今年はディズニーさんが『アラジン』を実写映画化し公開中ですが、バレエでも『アラジン』が作られているんですよ。
そして、新国立劇場バレエ団のレパートリーの1つであり、まさにこの6月に上演される演目です(7月には富山公演もありますよ!)。
このバレエ『アラジン』は前舞踊芸術監督であるデヴィッド・ビントレー氏が新国立劇場バレエのために制作し、2008年に初演された作品です。

ほかの作品でお馴染みのダイヤモンド・ルビー・サファイア、エメラルド(と、ゴールド・シルバー)だけではなく、オニキスとパールも登場しますよー!!!

特設サイトもあるようなので、ぜひそちらも「バレエ アラジン」で検索してみてください(*´∀`)

そんなことを書いていたら、子どもの頃に発表会で踊った演目で、各グループに宝石の名前がついてた作品があったなぁと思い出しました。
お衣裳の色もその宝石にちなんだ色だった!懐かしい〜笑

宝石とバレエは親和性が高い!ということですね、きっと。

この記事を書いた人:Karin 

プロフィール: 宝石好きの端くれ。

ABOUT ME
デザインアトリエ カケラ代表 /keisuke
デザインアトリエ カケラ代表 /keisuke
キャンプファイヤーのサイトにてコミュニティをやっています! 毎月1000円で欠けた宝石をみんなの元へ届け再利用の形をひろげる活動です。欠けた宝石に新たな居場所を。