- 作品 -

宝石の輪舞

初めまして。野雪と申します。

アトリエカケラさんとご縁ができて、はや三ヶ月。
色んな宝石が集まってきました。

支援を始めた当初、入手した宝石の使い途については特に何も考えていませんでした。
ですが、少しずつ増える宝石を見て、「そうだ、あれに使おう!」と思い付き、引っ張り出したのがこちら。

顕微鏡型万華鏡。万華鏡という割には何も乗っていません(笑)。

これは昔、両親がプレゼントしてくれた物。
元々作りが甘かったのか、飾られているビーズやプラスチックストーンに接着剤の跡や歪みが散見され、また、回転盤に貼り付けられていたキラキラ台紙も端から徐々にめくれ出したので、ここはひとつ自分でリメイクしよう!と数ヶ月前に思いきって全てを撤去して保管しておりました。

「回転台に鏡を置いて、そこに宝石を乗せて回したら素敵なのでは?」

丸い鏡を購入し、回転台に設置。鏡がやや小さめだったので、ジュエリーシールをぐるりと貼り付けて隙間を目隠ししました。

見栄えが悪くないくらいの数が何とか集まった所で、ささやかな万華鏡プロジェクト、
宝石の舞踏会の始まりです(宝石は台の上で回るだけですけども)。

さっそく覗いてみます。
……。
…………。
………………。

うん、やっぱり綺麗!すごくいい!
私の写真の腕がイマイチなので皆さんにうまくお伝えできないのが残念、かつ大変申し訳ないです。

宝石の位置を変えれば、違う表情が無限に楽しめて最高!(但し、セッティングの際に回転台から宝石を零したり、ピンセットで吹っ飛ばしたりしないよう、大層神経を遣いますが…)

これを撮影したのは午後3時頃ですが、朝日が差し込む中や、昼下がりの陽光が降り注ぐ窓際に置いたら、もっと美しく煌めくでしょうね。

宝石万華鏡は他の方も楽しんでいらっしゃると思うので、取り立てて珍しくもないと思いますが、とても楽しかったので書かせて頂きました。

拙文にお付き合い下さり、ありがとうございました!

[この記事をかいたヒト] 野雪(のゆき)
プロフィール: 小鳥大好き野雪です。ややピンク味のある紅い石や深い青、碧の宝石が好物です。

ABOUT ME
デザインアトリエ カケラ代表 /keisuke
デザインアトリエ カケラ代表 /keisuke
キャンプファイヤーのサイトにてコミュニティをやっています! 毎月1000円で欠けた宝石をみんなの元へ届け再利用の形をひろげる活動です。欠けた宝石に新たな居場所を。