- コラム -

ルース×自然で石の魅力を引き出そう!

ぱぉーん。ぞうがめです!(初回の投稿で闇雲に決めた名前ですがキャラ作りでもしていこうかと模索中笑)

最近はなにかと外に出るのが難しい日々が続いております。
しかしぞうがめはせっかく春の陽気が訪れようとしているのにもったいない気がしてなりません。とはいっても花粉症やらなんやらで遠出も難しい、、、
そこで今回は自分の家の庭にあるものを活用してルースの魅力を引き出していく方法を考えていきたいと思います!
ちなみに今回撮影した機材はiPhone Xで写真にはトリミング以外色彩や明るさなどの加工は一切していません!

1.自然と宝石は相性がいい!

アトリエカケラさんの今までの動画でもkeisukeさんが森や自然を訪れてとっても素敵な写真を撮影していました。やはりもともと自然界で生まれたものですからルースとして加工されたとしても相性はとてもいいです。
庭を使っていうからぞうがめの庭はきっと素敵で広い庭でカラフルな花もたくさんあるんだろうなぁ、と思っているそこのあなた!!

ぜんっぜんそんなことないです笑

ざっと挙げても
・日当たりが悪く下にらコケがびっしり
・盆栽や鉢などまとまりのないものが煩雑
・人が2人は並べないほど狭い
という狭い・汚い・風通し悪いのトリプルプレーでございます笑

しかし視点を変えてみたり撮り方によっては素敵な写真が撮れるんです。

2.使えるものはなんでも使え!

今回撮影に使ったのはアメジスト、ブルートパーズ、オパールの3つ。どれもアトリエカケラさんからお迎えしたものです。

・アメジストの場合
宝石を楽しむサロンでいただいたアメジストはとにかく大きくて迫力があります。また、アメジストのパープルは植物のグリーンと相性がよく落ち着いた印象を持つことができます。

盆栽の木の分け目に添えてみたり


盆栽の苔が生えている地面に乗せて撮るだけでもとっても素敵な写真が撮れます。

・オパールの場合
私はオパールには美しい海といったイメージを持っています。そんなオパールと山のイメージである植物とを掛け合わせるのはとても魅力的ですよね。
太陽に燦々と煌くオパール!も素敵ですが、今回はあえて、日陰にのせて撮影時間も午後少し陽が傾く頃にすることでノスタルジックな雰囲気を出してみました。

ここで私なりの携帯を使った撮影のコツを一つ提案させて頂きます。(^^)
やはりルースを手に入れ始めていざ携帯のカメラで撮影しようとすると多くの人がある問題に直面すると思います。それは、

ピントが合わない、、、

合わせようとすると遠くからの写真になってルースが小さいってことよくありますよね。iPhoneの方限定ですが、これを少し解消する方法があります。

それは、動画の画面で撮影することです。

iPhoneは動画撮影する際に左下のボタンから写真も撮れるようになっています。実は動画での画面だとただの写真撮影の画面よりも近くに寄れるのです。

写真の画面での撮影

動画の画面での撮影

このように少しだけ近くでもピントを合わせられるのです。今回の写真もそのようにして撮影してみました。是非皆さんも興味があったら試してみてください。
では本題に戻して、、

・ブルートパーズの場合
撮影し始めて感じたのですがグリーンの中でブルートパーズを撮影すると相性はいいですがルースの輪郭がぼやけやすいんですね。そこで庭に落ちていた岩(笑)にのせて撮影することにしました。

3.今回感じた点

撮影の時には背景の色あいを気をつけるといいと思います。ブルートパーズの写真ではバックに緑を置くことで三色の色彩のバランスを整えてみました。背景にはその石のイメージに合うものや配色を考えられると綺麗な写真が撮れると思います。
ルースというと家の中で照明などを使って撮影しがちですが、たまには外に出してあげて太陽の元で撮影するのも新たな発見があると思います。
私は別段カメラのプロではなくルースに関してよりも初心者ですが庭での撮影は今後も色々と試してみて、良い写真や撮り方などが出来たら紹介させていただにたいと思います!

この記事を書いたヒト
ぞうがめ
プロフィール: デザインアトリエ カケラのメンバーです!

ABOUT ME
デザインアトリエ カケラ代表 /keisuke
デザインアトリエ カケラ代表 /keisuke
キャンプファイヤーのサイトにてコミュニティをやっています! 毎月1000円で欠けた宝石をみんなの元へ届け再利用の形をひろげる活動です。欠けた宝石に新たな居場所を。